Ugrás a tartalomhoz Lépj a menübe
 


Yokaze

Meiji doori ni tsuranatta
Kuruma ho hitotsu kara miageta
Semasugiru sora wo nagareteru
Shiroi kumo ni oikosareta

Atari wa sephia iro dakara
Yuugata ka, mata wa yume no naka
TEERU RANPU wo oikakete
Boku wa futatabi hashiri dashita

Itsumade mo aru to omotteita
Kagiri naku aru to shinjite itanda
Akai kawa ni natte oikaketeita
Shiroi kumo wo otte hashitte itanda

MONOKURO na yoru no KAATEN ni
Oitsukareta koro no sora ni wa
Kimi no sugata wa mienakute
Boku wa shibaraku tachitsukushita

Hito wa tomaruna to iukeredo
Kotae wo mitsukero to iukeredomo
Kurai sora no naka de afureru kurai
Kuroi kaze ni natte afureru kurai deatta

Meiji doori no hodou kara
Kusunda sora wo miagetara
Kioku no you ni futashikana
Hiyouwa na hoshi ga hikaridashita
Atama no sumini nokotte ita
Wasurete shimaeba rakudatta kotomo

Hidoi hito ni natte chigireru kurai
Hiroi koto wo itte matoeru kurai
Kurai sora no naka de afureru kurai
Kuroi Kaze ni natte afureru kurai

Yoru no kazei ni natte
Yoru no kazei ni natte
Yoru no kazei ni natte

 

Kanji

めいじ通りにつらなった
車の一つから見上げた
狭すぎる空を流れてる
白い雲に追い越された
あたりはセピア色だから
夕方かまたは夢の中
テエルランプを追いかけて
僕は再走り出した

いつまでもあると思っていた
限りなくあると信じていたんだ
赤い皮になって追いかけていた
白い雲を追って走っていたんだ

モノクロな夜のカーテンに
追いつかれた頃の空には
君の姿は見えなくて
僕はしばらく立ち尽くした

人は止まるなと言うけれど
応えを見つけろと言うけれども
暗い空の中で溢れる位
黒い風になって溢れる位であった

めいじ通りの舗道から
くすんだ空を見上げたら
記憶の用に不確かな
ひ弱な星が光り出した

頭の隅に残って居た
忘れてしまえば楽だった事も
ヒドイ人になってちぎれるくらい
ヒドイ事言って迷える位
暗い空の中で溢れる位
黒い風になって溢れる位
夜の風になって
夜の風になって
夜の風になって

 

Hozzászólások

Hozzászólás megtekintése

Hozzászólások megtekintése

Nincs új bejegyzés.